モノづくり

教育研究支援センター

モノづくり教育研究支援センターの位置づけ

「モノづくり教育研究支援センター」は、専門的な教育研究支援スタッフである技術職員による教育研究業務の技術支援体制強化を目的に平成21年4月1日に発足しました。技術職員が強調・連携して効率的かつ計画的に、学生の実習・実験教育への支援、実習工場の管理運営、学内の各種教育・研究支援、技術・技能支援を行うとともに、公開講座や技能講習など、地域住民や地域産業への組織的な貢献を行っています。「モノづくり教育研究支援センター」では、組織的・継続的に職員の相互研修を行い、組織としての技術力向上を図って、専門技術支援職務にあたっています。